車の購入と連帯保証人について

 

車の購入と連帯保証人について。

 

ローンで車を購入する場合、
審査の際に「連帯保証人をつけて下さい」とお願いされる場合があります。

 

連帯保証人とは、ご存知のとおり、
購入した本人が万が一支払えなかったときの保証になってくれる人を言います。

 

当然、連帯保証人ですから、
すべての支払いの責任を負うはめになります。

 

 

 

しかし、快く連帯保証人になってくれる人なんて、そうそういません。

 

良い関係が築けており、お互い信頼し合っているなら
連帯保証人になってくれる場合もありますが、
それでも基本的に頼む側も頼まれる側も、連帯保証人は避けたいですよね。

 

 

 

でも、万が一ローンで連帯保証人を求められた場合、
そして連帯保証人になってくれる人がいなかった場合は、
どうすれば良いのでしょうか?

 

利用している販売店の営業マンにお任せすると良いでしょう。

 

販売店でローンを組んでいる場合は、
審査の通知は一旦営業マンに届くからです。

 

相談もできますし、もっとも安心できる手段と言えます。

 

 

それ以外でしたら、ローン会社を変える方法もあります。

 

会社を変えることで、保証策が変わる場合もあるからです。

トップへ戻る